折込広告・チラシ印刷ホーム >  折込コラム集 > 知って得する(?)折込のミニ知識 No.115

知って得する(?)折込のミニ知識 No.115

夕刊紙への折込は

夕刊紙に折込みたいけど朝刊紙に折り込むのとどう違うのやら…?
お客様目線というより折込業務に携わる者としての目線からになりますが、
以下に夕刊紙でのみ適用される折込の条件を挙げていきます。
お覚悟!!(`・ω・´)乂
・折込める曜日が決められている

 

・最小ロットが決められている

 

・配布する部数はフル部数が原則(各新聞販売店持ち部数からの、部数カット不可)

 

・市区町村単位(一部例外有)

 

・配布区域の指定不可(「●●中心に」「●●と●●(町丁目)に」等)

 

・オフィス地区は配達不可(東京都千代田区・中央区・港区)

 

・1日1販売店1社のみの取り扱い

 

・且つ先着順

 

・夕刊紙専用の宛紙が必要になる。(印刷工場の協力が必要になる)

 

・政党・議員活動報告・選挙関係のチラシは取り扱い不可

 

・B5サイズ未満の取り扱い不可

 

・四六判ベースで70k以上の用紙

 

・納品先が新聞の銘柄によって異なる

 

・夕刊での実施が確定している事を大前提でないと、予約及び必要な部数や紙面内容の確認が出来ない。

 

・朝刊紙での折込実積があるスポンサーは夕刊紙での折込不可。

 

・紙面内容の確認は朝刊紙よりも厳しい。(確認先の窓口がそれぞれの新聞社になる。)

 

・1ヶ月以上~2ヶ月先までの予約が可能(申込日から1ヶ月以内の予約が出来ない)。(朝日)

 

・納期は折込希望日の10日程度前(読売)

 
沢山条件を挙げていきましたが、これらの取り扱い条件は新聞銘柄によって異なります。
つまり複数の銘柄に入れたい場合は、これらもしくはこれら以上の条件を満たさないとならない
いわばハードモードで挑む訳ですね。
夕刊紙に折り込みしているスポンサーが選ばれし勇者に思えてきますね(゚∀゚)

 

見るだけでクラクラ(((=_=)))してきますが、3つ目にある通り夕刊紙折込の最大のメリットは
「他のチラシに埋もれない!!」という事につきるかと思います。
ご希望される方は覚悟を決めて、弊社スタッフへご相談下さいませ!!
蛇足ですが、年末頃にも掲載してます通り、地方のごく一部の地域では

そもそも夕刊でしかチラシの折り込みを行わないだとか
天候の影響で午前中に配達できなかったから夕刊紙と一緒に朝刊紙を配達したりだとかのイレギュラーは存在します。
その場合は今回の条件は適用されてませんので悪しからず。

 
ゲームをやる時はいつもハードモードでプレーするんだ と、いつか言えるようになりたいなぁ(´-`).。oO

̃y[W̐擪