折込広告・チラシ印刷ホーム >  折込コラム集 > 知って得する(?)折込のミニ知識 No.47

知って得する(?)折込のミニ知識 No.47

キャンセルとキャンセル料の算定について

チラシは生モノです。
食材で例えるなら生魚や生肉みたいなものです。
あれ?どこかで聞いたような…w
今回はご発注全般に関するキャンセルとキャンセル料についてご説明します。
前にも折込に的を絞って触れていますが、今回はデザインや印刷からご発注頂いた場合です。

 

お客様の方にも都合があってキャンセルせざるを得ない状況になってしまう事は重々承知しておりますが
実質的な作業に入ってからのキャンセルは弊社にも損害が生じますので、何卒ご了承下さい。
さて、具体的な話に入りましょう。

キャンセル料はどのタイミングから、どの程度費用がかかるのか

キャンセル料はキャンセル申告時点の進行度によって算定されます。

 

デザイン:制作開始時点で発生。
お客様よりデザイン作成に必要なデータ類を頂戴してから作業にはいりますので、それ以降のキャンセル申告はデザインの進み具合で算定されます。
初稿が出来てる状態以降であれば、お見積りしたデザイン料金がキャンセル料になります。
しかし、デザイン作成はスケジュールを組んで順番待ちになっているので、キャンセル申告時点で作成に着手していなければキャンセル料は基本的に発生致しません。

 

印刷:入稿手配以降に発生
印刷に使う版の作成が始まっていたら版代を、印刷工程に入って以降はお見積りでお出ししている印刷料金がまるまるキャンセル料となります。

 

折込:チラシが配送センターに納品されて以降
ミニ知識No.46でも伝えています通り、チラシが配送センターから出てしまったらアウトです。
チラシが折込のためにセットされる前なら引き上げ料(チラシを配送センター等に返送)と現地配送料等を含めた折込料。
チラシをセットされた後なら引き抜き作業料・引き上げ料(返送の送料)・現地配送料等を含めた折込料がかかります。

 
予定通りに出来ればそれが一番…って事ですね。

̃y[W̐擪