折込広告・チラシ印刷ホーム >  折込コラム集 > 知って得する(?)折込のミニ知識 No.237

知って得する(?)折込のミニ知識 No.237

 

合売(ごうばい)って何?

 

このコラムで過去数回出てきていますが、一般の方には馴染みのない単語ですね。

 

 

業界用語なので、まず大前提として知っておいて頂きたい知識があります。

 

それは、新聞屋さんの大半が特定の銘柄のみを扱う「専売店」である事。

 

部数表で同じ名前の販売店が各銘柄毎に存在していても
合売店でない限りは朝日新聞のみ・読売新聞のみを取り扱うお店となります。

そして合売(あるいは複合)とはミニ知識No.01・232でも丸の内店で説明されておりますとおり、
一つの店舗(新聞屋さん)で複数の銘柄を取り扱うスタイルを指します。
該当販売店では折込む新聞の銘柄が選べませんので、何卒ご容赦下さい。

 

ちなみに静岡・山梨・新潟・長野・茨城などでは県全体で合売の体制をとっており、
他の地域は、同じ県内でも専売店と合売店(複合店)が存在しているような状態です。

 

また東海エリアでは中日新聞の販売店で日経新聞・産経新聞等も取り扱っているため
合売表記はありませんがどちらか1紙のみへの折込は不可能です。

「このエリアで配布されている銘柄なのに部数表に見当たらない」という場合は

大抵このパターンだったりします。

 

う~ん、複雑。

 

ならばどこの販売店が合売店なんだとお思いの事でしょう。

文字情報ばかりでくどくなってしまうので、それはまた次回お伝え致します!!

 

では!!

̃y[W̐擪