折込広告・チラシ印刷ホーム >  折込コラム集 > 知って得する(?)折込のミニ知識 No.235

知って得する(?)折込のミニ知識 No.235

似て非なるモノ達の違い ④リーフレット編

リーフレットはどちらかというとイメージ広告寄りでしょうか。
端的に言うと2つ折り、3つ折りなどに折られたフライヤーです。
一番の特徴そしてチラシやフライヤーとの違いは折加工が入った形状である事。
(チラシの折加工は(展開の状態で)大きいサイズのものを配布しやすいサイズにするための加工が主です))
用途はチラシの様なTHE・宣伝ではなく縮小版パンフレットの様な役割で、渡しやすい・持ち帰りやすいのが最大の魅力です。
百貨店でのフロア案内や、病院での各種案内でもよく使われてますね。

 

主なサイズはA4の2つ折り、三つ折り各種、観音折りで、折を利用したデザイン性の高いものも見受けられます。
折る事、持ち帰ってもらう事が前提のため、またチラシのような大部数は刷らない事から90~135kgの厚紙が使われます。
ただし厚ければ良いという訳でもなく、135kgより厚みのある用紙は折加工する際や
加工した後の折り目に割れが生じる可能性が出てきますのでお気をつけて!!

̃y[W̐擪