折込広告・チラシ印刷ホーム >  折込コラム集 > 折込舞台裏 in 福島

折込舞台裏 in 福島

折込舞台裏 in 福島

福島が聖地の作品を探ってみたら発覚した、福島を舞台とした作品の圧倒的ミステリ率www
その理由はもしかして……福島は人里離れた海と山があり、事件を起こす&発覚(山)から締め(断崖絶壁で事件の真相暴露&犯人の追い詰め・説得・逮捕)まで越県せずにできるから???
地形の起伏と物語は映像演出面でも連動させやすいというのもあったりして…
逃げ場のない断崖と潮風に吹き曝される犯人は殺人事件モノ終盤シーンのテッパンですし。
それを考えると「関東平野で殺人事件」という題材にしてしまったら上記のテッパンがまず使えない前提で考えなければならない訳だw
ちなみに盆地はだだっ広く連なる山々を映せばそれだけで「広いのに閉塞感」「結局私は逃げ出せない感」が出せる特殊ステージだと、盆地住まい経験のある私は考えております。(実際どうなのかは別として)
海際の逃げられない感とは全然違うのですよ。盆地の逃げられない感は。

 

福島県の折込料金改定

2020年11月1日朝刊折込分より、読売専売店を除く各販売店の新聞折込料金が変わります。

 

例にもれず改定料金の適用は折込日ベースとなりますため、改定前に申込をされても折込が11/1(日)以降であれば改定後の料金が適用となりますのでご注意を。
また今回の改定は銘柄ではなく販売店ごとに変わるため、読売新聞へ折り込む場合であっても取り扱いの販売店によっては新料金が適用となります。
単純見積しようとすると思いがけない落とし穴が現れる可能性が大きいので、事前に配布エリアを確認し正式なお見積りを取る事を推奨いたします。

 

「まいぽす」という新聞無購読者世帯への折込チラシ配達サービスは、いわき地区のみ折込料金に準じて改定、
その他のエリアはこれまでの同様の料金でご利用いただけます。

̃y[W̐擪